森泰斗騎手がまたしても記録を達成

船橋競馬に在籍していてその実力は全国トップクラスの森泰斗騎手。
JRAのレースにも騎乗することもあるほどで、南関東競馬で大活躍しています。

南関東競馬といえば全国の地方競馬の中でもトップクラスの馬質や売り上げなどを誇っているので注目されていますが、2014年以降南関東リーディングジョッキーを突っ走っているのは、森泰斗騎手です。
2016年は300勝以上を達成して、2位の真島大輔騎手に100勝以上の差をつけています。

年間300勝を達成したのは森騎手自身はじめてのことで、過去には南関東の騎手として、今はJRAで活躍している戸崎騎手なども達成しています。超一流の腕を持っていないと達成することが難しい記録だと言われています。

森泰斗騎手は今35歳ということもあり、もしかすると将来的にJRAの騎手試験を受けることになるかもしれませんね。

2016年にはタービランスやセイスコーピオン、ミスミランダー、ブルーチッパーなどに騎乗して大きなレースを制しています。このままいくと森騎手は来年も年間300勝を達成するかもしれませんし、よりすごい記録にも近づくことができるのではないでしょうか。
船橋競馬が生んだ最強の騎手ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>