トーホウジャッカルが引退、種牡馬入りすることに

2014年の菊花賞を制した馬、トーホウジャッカル。
この馬はGI勝利は一度きりですが、多くの競馬ファンに愛された名馬です。

父はスペシャルウィーク、母はトーホウガイア。母父はUnbridled’s Song。

菊花賞ではレコードで勝利をおさめましたが、その後は体調不安もありなかなかレースに出走することもできませんでした。
しかし実力が本物で、菊花賞から半年以上も経過した宝塚記念で、長期休養をものともせず4着に入りました。

それ以降もレースに出走するものの良績をあげることはできず、ついに引退となりました。
引退の理由は屈腱炎になります。
アロースタッドで繋養されることが決まっていますが、素晴らしい産駒を多数輩出してほしいです。

トーホウジャッカルが誕生したのは、東日本大震災が起こった2011年3月11日です。
それだけではなく2歳時には、大きな病気にかかるなどデビューできるかわからないという状況にも立たされましたが、無事乗り越えて、菊花賞馬に輝きました。

この馬を生産したのは、北海道日高町にある竹島牧場という小さな牧場です。
近年GIを制するような馬たちは、大牧場で生産されていることが多いですが、小さな牧場からGI馬が登場したというのは多くのホースマンに希望を与えてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>