日本ダービー

競馬の中でも大きな話題に上がることが多いため、このレースの名前を聞いたことがある人は多いと思います。
日本ダービーは東京優駿という名でも知られるレースであり、元々はイギリスのレースであるダービーステークスを模範として1937年に作られたものです。
競馬における牡馬三冠と呼ばれるレースのひとつです。

年間で開催されているグレードⅠ(GⅠ)レースと呼ばれるものの数は多いですが、競馬ファンにとって日本ダービーは特別なものもがありますし、レース中におけるドラマも数多く存在しています。
なお、日本ダービーの国際的な評価は、世界のトップGⅠレース100のうち63位となっています。

出走資格はサラ系3歳牡馬、牝馬で中央競馬、あるいは地方競馬所属、外国馬、クラスはオープンとなっています。出走できるのは最大で18頭までとなっています。
また、皐月賞、青葉賞、プリンシバルステークスにおいて一定以上の着順に入ることで優先的に出走できる権利を得ることができます。
賞金は1着が2億円、以下2着は8000万円、3着が5000万円、4着は3000万円、5着が2000万円となっています。

このレースに勝った馬はもちろん、馬の関係者、騎乗していた騎手は大きな名誉を得ることができます。