競馬セブンに内部について

“競馬セブンで活躍されている徳吉一己氏はどういった人物なのでしょうか。
徳吉一己氏は1941年の生まれで、1958年から騎手として活躍されていました。その後重賞レースを14回勝利するなどの活躍をされ、1993年までに536勝という実績を打ち出しました。その後JRAの競馬学校にある騎手課程にて教官となり、様々な騎手の基礎を教えてきました。この経緯については、騎手出身者として初めての快挙だとされています。競馬学校では泣く子も黙る鬼教官として、現在活躍する有名騎手を教育していました。
現在では競馬評論家として多くの競馬情報を打ち出しているなど、通常の競馬関係者とはまた違った切り口にて予想の展開などを行っています。
勝利数も去ることながら、驚くのはその騎乗回数です。実に4994戦もの激闘を戦ってきた勝負師の勘は、競馬予想という分野においても非常に長けていると言えるでしょう。普通の人では感覚として持っていない勝負師の勘は、実際に競馬の世界で活躍していた元騎手ならではの物でもありますし、同時に他の人ではなしえない考え方が出来る、一つの財産だと言えるでしょう。
そんな徳吉一己氏は現在競馬セブンにて活躍されています。気になった方は無料登録から予想をご覧になってみてはいかがでしょうか。”