チャンピオンズカップ

かつて、2013年まではジャパンカップダートという名で知られていたレースで、現在はチャンピオンズカップと言う名で知られているGⅠレースのひとつです。
2007年までは東京競馬場、2008年以降は阪神競馬場で行われていたもので、現在は中山競馬場で行われています。

1970年代に、世界に通用する強い馬づくりが提唱され、1981年にはジャパンカップが設立されました。
後に中央競馬と地方競馬の交流が進んだことによって、ダートの重賞が注目されるようになりました。
これを受けて、ジャパンカップに並ぶダートの国際競争を作ろうということにあり、現在のジャパンカップダートが設立されました。

過去距離は2100メートルだったのですが、2008年度からは1800メートルとなっています。
2014年からは中京競馬場の1800メートルにコースを変更し、名称はチャンピオンズカップに変更されています。
国際招待制度も廃止され、新たに国際競争として認定されています。

ちなみに、創設から数えて外国産馬が優勝したのは過去1回だけで、後は全て日本馬が優勝しています。
出走可能なのは、サラ系3歳以上のJRA所属馬、JRA選定の地方競馬所属馬、外国調教馬となっています。