7月29日に新潟競馬場の直線1000mのコースで開催されたアイビスサマーダッシュ。日本で唯一の1000mの重賞であり、直線だけの重賞レースです。

毎年スピード自慢の馬たちが出走しますが、今年の1番人気は新潟の直線1000mがとても得意なダイメイプリンセスで、2番人気は前走葵Sで2着に入っている3歳牝馬のラブカンプー。3番人気は大外枠のペイシャフェリシタ、4番人気は4歳牝馬のレジーナフォルテでした。1番人気から4番人気までが牝馬で、このレースらしい人気といっても過言ではなさそうです。

七騎の会が注目するレースの様子

はじめの200mあたりで多くの馬が外側に密集する形となり、ラブカンプーがわずかに先頭に立ちます。

ラブカンプーが頑張って粘るもののそのうちから1番人気のダイメイプリンセスが差し切り、そのままゴールイン。3着には8番人気のナインテイルズが入りましたが、1着と2着は人気通りでした。
このレースは特殊性がかなり激しいので勝ったダイメイプリンセスが次走新潟の直線1000m以外で結果を出せるかわかりませんが、少なくとも現役馬の中で千直とトップクラスの相性の良さを誇っています。

3番人気のペイシャフェリシタは残念ながら11着に敗れてしまいましたが、この馬は逆に千直がそれほど得意ではないのかもしれません。