馬券圏内100%のサトノファンタシーが連勝

9月25日に開催された清里特別でファッショニスタに1馬身半差をつけて優勝したのがサトノファンタシーです。
サトノファンタシーは今4歳の牡馬で、2歳時にデビューしたもののその後あまり使われることなく、清里特別が8戦目でした。

父がクロフネ、母父がTaleoftheCatという血統で、下河辺牧場で生産されました。
8戦して4勝、2着は2回、そして3着も2回となっており、現時点において100%の確率で3着以内に入っています。
安定感抜群の成績を収めており、近い将来重賞戦線で活躍することはほぼ間違いないでしょう。
全てのレースでダートを使っており、今は決してダート界の層が厚いとは言えませんので、付け入るスキはあるでしょう。
父のクロフネはダートに転向して以降信じられないような強さを見せつけましたし、日本競馬史上最強ダート馬の呼び声も高いです。

そして何より馬主でもある里見治氏は絶好調で、この流れに乗ってサトノファンタシーも活躍したいです。

七騎の会が知りうる限りでは、現時点で次走の情報は出回っていないようですが、1600万条件のレースを使うと思うので、圧倒的な人気に推されること間違いないでしょう。今年の暮れには東京大賞典に出ているかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>