帝王賞はケイティブレイブが優勝

6月28日に大井競馬場で行われた帝王賞は、競馬セブンが見守る地方競馬の中でも特に大きなレースです。
東京大賞典と肩を並べる大井競馬場が誇るレースで、毎年地方馬だけでなく、JRAに所属している馬たちも多数出走しています。

もちろん今年もJRAから複数の有力馬が名乗りをあげ、1番人気は昨年のJBCクラシックを制しているアウォーディーで、ここ最近はGIばかり使われ勝ち切ることができずにいました。

2番人気は昨年の東京大賞典を勝ったアポロケンタッキー、3番人気は昨年のチャンピオンズカップ優勝馬のサウンドトゥルー。
JRAの馬は7頭出走して1番人気から7番人気を占めましたが、結果的に着順もJRA勢が~7着を独占しました。

優勝したのは6番人気のケイティブレイブで、スタートで出遅れてしまいながらも後方から脚を伸ばし、2着のクリソライトに1馬身以上をつけて快勝。
アウォーディーは3着となってしまい、連勝していたころの勢いは感じられず、善戦マンになったイメージもあります。

4歳世代は強いと言われていましたが、今回帝王賞で強い勝ち方をしたケイティブレイブも4歳です。
JRA開催の重賞勝ちはまだありませんが、このまま強くなれば時間の問題でしょう。
そしてフェブラリーSやチャンピオンズC制覇も夢ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>