ホワイトマズルが27歳で亡くなる

現役時代には武豊騎手が騎乗したこともあるので、比較的日本人にも知られていたホワイトマズル。
ホワイトマズルは父が20世紀を代表する競走馬のダンシングブレーヴ、母はFair of the Furze。
馬主は吉田照哉氏で、武豊騎手はキングジョージと凱旋門賞に乗り、それぞれ2着と6着でした。

イタリアダービーやドーヴィル大賞を勝つ活躍をして、現役生活を終えてからは日本で種牡馬入りすることになりました。

コンスタントに活躍馬を送り出している印象が強く、初年度産駒から短距離で活躍したビハインドザマスクを、3年目の産駒には、GI馬が2頭います。(天皇賞春で衝撃的な勝利を果たしたイングランディーレ、オークス馬のスマイルトゥモロー)

その後もシンガポールのGIを勝ったシャドウゲイト、菊花賞馬アサクサキングス、JCダートを勝ったニホンピロアワーズを輩出しました。

短距離のスピード自慢からスタミナ豊富なステイヤー、そしてダートの強豪馬など、様々な馬を送り出すあたりに、ホワイトマズルの凄さを感じます。
2歳時から活躍する馬もいましたし、イングランディーレのように成長が遅いタイプの馬もいました。

残念ながらホワイトマズルは27歳で亡くなってしまいましたが、これまで応援してきた七騎の会としては、血が発展することを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>