グローバルスプリントチャレンジについて

競馬の世界も昔以上に国際化しており、国単位ではなくて、多くの国を巻き込んだ様々なシリーズが作られています。
その中の一つでもあるのが、「グローバルスプリントチャレンジ」です。

これは名前の通り、スプリント路線で戦う馬のナンバーワンを決めるもので、1年間で10レースが対象レースとなっています。
基本的には芝1200メートルor6ハロンですが、ダートのレースや芝の1000メートルor5ハロンのレースも含まれています。

レースは下記の通りです。

・ブラックキャビアライトニング
・ドバイゴールデンシャヒーン
・高松宮記念
・チェアマンズスプリントプライズ
・キングズスタンドステークス
・ダイヤモンドジュビリーステークス
・ジュライカップ
・スプリンターズステークス
・スプリントクラシック
・香港スプリント

日本のレースも2つ入っていますが、特徴的なのはアメリカ、フランスのレースが入っていない点でしょうか。

このシリーズは条件を達成すると100万ドルが進呈されますが、所属地域を含む3か国以上で対象レースに勝つことがこのボーナスが進呈される条件となりました。

ボーナス進呈条件がやや厳しいこともあり、ここ数年は該当馬が無しとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>