日本人にも馴染み深い外国人騎手と言えばオリビエ・ペリエ

今は毎年多くの外国人騎手がJRAの短期騎手免許を取得して、JRAのレースで騎乗しています。
それより少し前、2000年代前半にはオリビエ・ペリエ騎手が毎年日本にやってきて、大レースを次々勝っていました。

見た目も特徴的でファンがたくさんいて、日本人の競馬ファンからも愛され、応援されていた騎手です。
騎乗技術は世界でもトップクラスだといわれており、世界最高峰のレースでもある凱旋門賞を4度も制覇しています。
4度目の凱旋門賞を制覇した際の2着馬は、日本のオルフェーヴルなので記憶にある方も多いでしょう。

日本では主に藤沢和雄厩舎の有力馬に乗ることが多く、シンボリクリスエスやゼンノロブロイなど、当時の日本最強馬に騎乗して、天皇賞秋や有馬記念などを制覇しました。

そしてオリビエ・ペリエ騎手は、武豊騎手とも親交が深いことでも知られており、武豊騎手がフランスに行った際にも頻繁に会っていたようです。
ここ最近はあまり勝鞍をあげられずにいるようですが、元気にレースに騎乗していますし、今でも世界中の有力馬に騎乗しているので、ある意味活躍中と言っても過言ではありませんね。

また日本での雄姿が見られると嬉しいと思っている、日本の競馬ファンも多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>